脳梗塞の再発を防ぐ【医療プロに任せて病気カット】

癌を治すには

病棟

癌性胸膜炎とは、癌が胸の膜に移る病気です。胸の膜と肺を覆っている膜に、癌性胸膜炎で炎症すると水が溜まり胸の痛みや呼吸の困難などの症状が表れます。癌性胸膜炎を引き起こすのは肺癌から他の器官に転移することが多いです。

更年期の辛い日々

man and women

更年期障害の症状は、人により様々です。本人しかわからない辛い症状もあります。周囲の方の理解や協力が必要です。クリニックの受診や改善方法を試してみたり、告知して早めに治療していきましょう。早く良くなり楽しく暮らせるようになると良いです。

自律神経と体調不良の関係

医者

自律神経失調症は、身体の調子を整えている自律神経の働きが乱れて身体に様々な症状がでる病気です。症状を感じていても病院での検査では異常は見当たりません。しかし、適切な治療を受けないとうつ病などに進行して行く場合がありますから、体調不良が続いたら内科などを受診するようにしましょう。

再発しやすい病気

脳

きちんとした治療を

脳梗塞は再発しやすい病気だといわれています。最初の5年間で約4割の患者さんが再発するという研究データもあります。脳梗塞は繰り返せば繰り返すほど再発の危険が高まり、発作も重症になっていきます。最初の発作でしっかり軌道修正できるかどうかにかかっている、と言っても過言ではありません。漫然と抗血栓薬を飲み続けるだけでなく、生活習慣病や心臓病などの治療もしっかりと行い、厳格な再発予防療法を受けることで、年間の再発率は5%にも満たない数字まで低下します。きちんと治療すれば、そんなに再発しやすい病気ではないのです。血液をサラサラにする抗血栓薬を内服していると、脳出血の危険性が高くなることが指摘されています。この傾向はわれわれ日本人にはさらに顕著です。

再発した時の症状

脳出血の発病には高血圧が強く関わりますので、血圧は特に厳しく管理する必要があります。担当医の指導のもと、朝の血圧が130/80mmHgを超えないようにしっかり治療してください。また、胃や大腸から出血することもあります。便の色が真っ赤だったり、コーヒーのような色だった場合には出血している可能性がありますので、必ず医師に報告してください。「再発した時の症状は」脳梗塞は大半の場合、最初の数日間で症状の進行は止まります。何週間も症状が進行し続けることはありません。次の脳梗塞は脳の別の場所に起こる可能性が高いので、今までになかった新しい脳梗塞を疑わせる症状が出た場合には再発の可能性があります。また、前の脳梗塞の後遺症が一気に悪化した場合も再発の可能性が懸念されます。いずれの場合も、速やかに担当医に相談してください。