脳梗塞の再発を防ぐ【医療プロに任せて病気カット】

自律神経と体調不良の関係

医者

自律神経とは

自律神経失調症という言葉を耳にしたことはありますか。自律神経とは体内の臓器を働かせたり、体の調子を整えたりする役割をしている神経です。汗をかくのは体温を調節する為ですが、自律神経が機能することによって体温が上がり過ぎないように調節しているからです。私達が意識しなくても心臓等の各臓器が正常に機能するように自律神経が働きかけているのです。自律神経には、交感神経と副交感神経の2種類の神経があります。交感神経は起きている時間帯に活発に働き、副交感神経は寝ている時間帯に活発に働きます。つまり、交感神経と副交感神経は交互に機能することで体の調子を整えているのです。しかし、交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまうと身体に様々な症状が出るようになります。これを自律神経失調症といいます。

原因と症状

では、自律神経失調症の症状と治療について説明します。交感神経と副交感神経のバランスが乱れて自律神経失調症を発症することは既に述べました。自律神経失調症になりやすい人は、真面目で感受性が強いなどといった本人の性格や家庭や職場でのストレスが関係しています。また、睡眠不足等の生活習慣の乱れ等が原因になることもあります。自律神経失調症の症状は、動悸やめまい、不眠や頭痛等があります。また、のどの渇きや下痢、手足が冷えるといった症状がみられることもあります。このような症状が続いた場合は、まず内科を受診して見ましょう。様々な検査を行って内臓に異常が見つからない場合は、自律神経失調症が疑われ更に診察が続き判断されます。自律神経失調症はうつや更年期障害等によく似ているので、医師に相談して適切な治療を受けるようにしましょう。